くぬぎ観光農園

桃狩り1時間食べ放題で1000円。お土産もゲット。 くぬぎ観光農園

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.055-285-1224

ご予約はこちら

桃狩り1時間食べ放題で1000円。くぬぎ観光農園

2018年桃狩りのご予約受付中。桃「あかつき」1時間食べ放題で1000円。お土産もゲット。桃の直売所。硬くて甘い桃を木から直接収穫して、食べ残ったものはすべてお土産に持参して下さい。農園カフェ・オープン。桃の美味しい時期の7月〜8月より美味しい果物をリーズナブルな価格でご提供。人気の桃「あかつき」を中心に「なつおとめ」「白鳳」「ぎょうせい」など。木から直接収穫体験。土、日のご予約はお早めにお願い致します。梅雨明け後しっかりと太陽の光を浴びた桃の美味しさは格別です。

マーク もも狩り (桃「あかつき」食べ放題1000円) 完全予約制

もも狩り受付中。7/25頃〜8/15頃まで

 来園時間が午後からでも、桃狩り食べ放題は十分に可能ですので時間に余裕を持って来園して下さい。なお、桃の直売所のみのご利用も可能ですのでご利用ください。

   < ご挨拶 >

2018年桃狩り食べ放題は7/25〜8/15頃まで開園予定。
多くの皆様に色々な品種の桃狩りをお楽しみ下さい。

さて、当園の桃は「あかつき系」を中心にした硬くて甘い桃を木から直接収穫して、ウッドデッキでごゆっくりと召し上がって下さい。農園カフェも併設して居ります。入園料は食べ放題で1000円と超低価格で設定させて頂きました。まずは一度ご賞味下さい。なお、食べ残った桃はお土産としてお持ち帰りください。

桃を60年以上栽培した実績から皆様に本物の桃(美味しかったと感じる果物)をご提供できるようになりました。リピーターの方々のご予約が多いので初めての方はお早めに一度ご賞味下さい。
園内には桃の直売所も御座いますので、桃狩りをしなくても桃の購入は可能です。なお、桃のみ購入の場合もメール・お電話にてご連絡願います。

皆様にご満足頂けるように園内スタッフも美味しい桃狩りをサポート致します。なお、車椅子・高齢者の方には園内スタッフがご案内致します。 
皆様のご来園を心よりお待ちして居ります。 2018.7月            
                   くぬぎ観光農園スタッフ一同

桃の美味しい時期は7/25〜8/15頃まで桃狩り食べ放題を実施します。食べ放題で1000円。口コミで人気のランキングは1位「あかつき」。特に梅雨が明けてからの方が太陽の光を受けてより糖度が上がり最も美味しい時期です。 当園は美味しい時期に、もも狩り園として開放して居ります。食べ放題で1000円(小学生未満は半額。園児無料)。残った桃はお土産としてお持ち帰りできます。
また、農園カフェをオープン致しました。オープンを記念して「紅茶のシフォンケーキと桃のコンポート・アイスクリーム添えと飲み物セット」を 500円でご提供致します。皆様のご利用お待ちして居ります。(土、日曜日限定)なお、平日はメール・電話などでご予約お願い致します。
農園カフェのご案内

マーク もも狩りは木から直接収穫して頂きます。(事前に採ったものを食べる方法ではありません) スタッフが美味しい桃をご案内いたします。収穫数は2〜5個です。
マーク 桃はやや硬くてジュ−シーな甘い桃(糖度約15度)です。甘い桃は色々とありますが、甘みのみで酸味が感じられません。この「
選抜系あかつき」は甘味と酸味のバランスが絶妙です。今もっとも注目されている品種です。ナイフで皮をむいて召し上がって下さい。軟らかい桃も御座いますのでスタッフがご提供いたします。(受付の際にお申し出ください)
マーク 
残った桃はお土産としてお持ち帰りできます。お土産・宅配御座いますのでご利用下さい。(1000円/1kg当り)
マーク 
食べる場所は桃畑ではなく屋根のあるウッドデッキの休憩施設です。水洗トイレ・手洗いなど全て整っています。観光施設一体型農園です。約1時間食べ放題で1000円です。小学生未満は500円。3歳未満は無料。お弁当持参での利用も可能。BBQもできます。バーベキュ・サイトのご案内 もも狩りQ&A
マーク
 桃の枝が低いのでお子様でも簡単に摘み取ることができます。お年寄りの方や体の不自由な方にもも狩りを楽しんで頂ける様に担当スタッフが対応致します。

マーク もも狩りの桃は選抜系あかつきを中心に早生あかつき・なつおとめ・その他の種類です。もも狩りの種類

マーク 
ご予約はこちらから→もも狩りのご予約・空き情報 

マーク団体様のご予約は
団体様専用ご予約フォームまたはメール・FAXからお願い致します。(大型バスでのご予約は終了致しました。マイクロバスのみご予約できます)


    
 ◎ 電話予約はこちらから TEL.055-285-1224
                  携帯.090-7190-4827
 くぬぎ観光農園
マーク

 *****
美味しい「桃」食べていますか?*****

 (この様な桃のイメージをお持ちでしょうか?)     
    マーク 硬い桃は美味しくない?
    マーク甘くない。苦味がある?
    マーク硬いので軟らかく甘くなってから食べる?
    マーク桃は傷みやすい。重ねることが出来ない。触れない。 など

 是非、この時期に美味しい桃を一度体感して見てください。驚き!・実感!・感謝!

あかつき
選抜系あかつき
あかつき
 選抜系あかつき(280g〜380gと大きい桃)
(外側はやや硬くて中心部はジュ−シーな甘い桃。甘味と酸味のバランスが絶妙です。
今もっとも注目されている品種です。糖度約15度)


 マーク もも狩り開園期間と予約方法

2018年(H30)のもも狩りは7/25〜8/15頃までを予定しておりますが、気候によって前後致します。(詳しくはご予約フォーム・電話・faxでお問い合わせ下さい。

マークご予約はこちらから→もも狩りのご予約・空き情報もも狩り
マーク団体様のご予約は団体様専用ご予約フォームまたは団体様専用FAXから御願い致します

マーク入園料および桃食べ放題のやり方  

もも狩りは
木から直接収穫して頂きます。スタッフが美味しい桃をご案内いたします。収穫数は2〜5個です。採った桃を食べて下さい。更に食べることができる方には朝取りした甘い桃がたくさん御座いますので召し上がって下さい。(食べ放題の時間はもぎ取り時間を入れて1時間程度です)

下記の「もも食べ放題のやり方」を参考にして下さい。

小学生以上の方 1000円 収穫数は4〜5個*
小学生未満の方   500円 収穫数は2〜3個*
3歳未満の方   無料 軟らかい桃をサービス

* 桃の大きさによる収穫数です

マーク開園時間
    9:00〜17:00頃まで(なお、受付は16:00頃で終了させて頂きます)。なお、団体様入園により一般の方の時間が早まる場合が御座います。ご了承願います。

マーク くぬぎ観光農園の桃の特徴

マーク当農園は果物を栽培して60年近くになります。園内は3000坪、観光施設一体型ですので桃園の周辺にはすべて完備されております。
農園施設のご案内
マーク食べ放題の桃の種類は「選抜系あかつき」を中心に「なつおとめ」「白鳳」「ぎょうせい」など御座います。梅雨明け後しっかりと太陽の光を浴びた桃の美味しさは別格です。糖度は15度近くになります。ももの種類
マーク園内は除草剤を一切使わない自然系で栽培しております。また、化学肥料でなく堆肥を利用した土作りを実施しております。堆肥で作った桃。一度食べて見ませんか。桃のイメージが変わりますよ。
環境にやさしい農業の実践

マーク 当園は
観光施設一体型の農園です。園内には休憩施設・観光専用水洗トイレ(男女別)・自動販売機・手洗い場・バーべキュ−サイト・無料駐車場などが御座います。
  昨年のもも狩り風景   もも狩りQ&A 

マーク桃は軟らかい方が甘い(追熟)と思われていますが、実際は木からもぎ取った段階で糖度は停止していまいます。従って桃は硬いから、しばらく追塾させて甘くしようとしても甘くなりません。食感のみが変わるため甘く感じる?  梅雨明け後しっかりと太陽の光を浴びた桃は格別です。外観はやや硬いが中はジュシーな桃。農園でしか味わうことのできない桃をご紹介いたします。

マーク数量限定ですが桃コンポート・桃ジュースもご用意させて頂きます。無くなった場合はご了承願います。


マーク もも狩り食べ放題のやり方
   もも狩り食べ放題の場合はテーブルに採ってあるものを食べるやり方が一般的ですが、 当園では皆様に木から直接採って頂きます。その際にはスタッフが最適な桃の採り方をご教示いたしますので美味しい桃を採って下さい。採った桃をウッドデッキの休憩施設で桃を味わって下さい。時間は1時間程度です。食べ放題ですので、更に食べることができる方には朝取りした甘い桃がたくさん御座いますので召し上がって下さい。(食べ放題の時間内は無料でご提供致します) なお、
残った桃はお土産としてお持ち帰りできます

もも狩りの流れ     もも狩りの風景
マーク 美味しい桃の選び方を伝授致しますので、木から直接採って下さい。
マークいくつ採ってもかまいませんが食べられる平均的な数で決めさせて頂きました。(大4個(小5個)/小学生以上一人当り)。

もも狩り
マーク採った桃をウッドデッキの休憩施設で1時間程度皆様で桃を味わって下さい。
マークももの調理器具は御座いますのでご利用下さい。

マーク
この桃はやや硬くてジュ−シーな甘い桃です。ナイフで皮をむいて召し上がって下さい。軟らかい桃も御座いますのでスタッフがご提供いたします。
マークお土産も販売しております。(事前予約も可能です)

もも狩り
マーク残った桃はお土産としてお持ち帰りできます。ビニール袋をご用意致します。

なお、桃は表面が少し硬いので常温でも1日〜2日では傷みませんが、保冷庫などを利用することも良い方法です。

もも狩り

マーク 農園カフェ
   「飲食店営業許可」を取得して農園カフェをオープン

農園カフェのご案内

 ももコンポート
紅茶のシフォンケーキと桃のコンポート・アイスクリーム添え と飲み物セット 
(アイスコーヒー・ホットコーヒー・ 完熟桃のスムージー)
(土、日曜日限定)
(平日は要予約)*
 (もも狩りの時に販売致します)
  
                     500円 
  グループの場合は来園前に数量をご予約願います。




マーク 桃の生育状態 (あかつき)

あかつき2017.7/25

なつおとめ

モモ「なつおとめ」は、1984 年に「 あかつき 」に「よしひめ」を交雑し、2002年に品種登録されました。

形はほぼ球形で、果実の大きさは230〜300gと「 あかつき」より大果で、果皮の色は白地にぼかし状に赤く染まります。果肉の色は白で、肉質はやや密で繊維はやや多い傾向があります。種の周りに紅色が着き、果肉内にも紅色が多く出る ことがあります。

果汁の糖度は13〜15%で、「 あかつき 」よりもやや高く、酸味は少ないので、より甘く感じられます。渋味の発生はありません。

真夏の8月上中旬が収穫期に当たり、果皮の着色も良く、肌荒れも少なく、乙女のような果実になることから、この名前が付けられました。

あかつき誕生秘話

 「くだもの王国ふくしま」ではさまざまな果物が栽培されていますが、その中でも福島を象徴する果物と言えば、ずばり、桃の「あかつき」でしょう。鮮やかな色と整った形で見栄えも良く、とっても甘くておいしい、ちょっと硬めの桃です。現在福島で生産されている桃の54%があかつき、まさに主力品種となっています。
 このあかつき、もともとは昭和27年に神奈川県平塚市の農林省園芸試験場で誕生しました。そのときの品種名は「れ−13」。
 この「れ−13」は、昭和35年から45年の11年間、福島県、山梨県、岡山県など、全国12の県で試験栽培が行われました。色づきもよく、甘みも十分で期待されたのですが、いかんせん、実がとても小さくて商品化は難しいと、昭和46年、「れ−13」の試験栽培は全国的に中止となりました。そのままであれば、数多くの試験品種の中に埋もれて忘れられていたでしょう。

 しかし、福島では「れ−13」の試験栽培を縮小したものの、完全にやめることはなく、少数の生産者にお願いして試作を続けたのです。少しずつ栽培が増え、昭和50年代、樹齢が6、7年になって枝振りがよくなった「れ−13」は、大きな実をつけるようになりました。

  つやのある鮮やかな色合いから、農林水産省では朝日をイメージして「あかつき」、「あけぼの」、「くれない」、「あさあけ」などの候補があったようです。福島県園芸試験場(現福島県農業総合センター果樹研究所)からは、福島市の伝統的な祭り「信夫三山暁参り」にちなんで「あかつき」を上申しました。また、やさしい水蜜桃のような女性的なイメージから、漢字ではなくひらがなが良いという意見、一方で、国語審議会からは「暁(あかつき)」とは夜明けの白色を意味するので赤ではないという意見もあったそうです。
 誕生から27年もの歳月を経て、福島で大切に育まれ、大きく実をつけて出世桃となったこの品種は、最終的に、福島の伝統「暁参り」にちなんで、昭和54年6月「あかつき」と命名され、大々的なセレモニーが開催されました。

 ちなみに、このあかつき、他の地域で栽培すると福島ほど大きくならないそうです。まさに、福島の気候風土を愛する桃といえます。そして、あかつきは、「はつひめ」、「恋みらい」、「暁星」、「まどか」、「ゆうぞら」、「あぶくま」、「黄貴妃」といった新しい人気品種を生み出しています。

  ***「くだもの王国ふくしま」のパンフレットより一部引用させて頂きました***

 



マーク 桃の直売所のご案内

桃
 当園の直売所施設内で桃を販売しております。金額は700円〜5000円程度です。なお、桃狩り予約時に事前予約も可能ですのでご利用下さい。また、桃狩りを行わなくて桃のみでも販売をして居りますのでご利用下さい。

(注意) ネット販売、移動スーパーなどの販売は一切実施して居りません。


農園

informationくぬぎ観光農園

くぬぎ観光農園   2018.7.4 
   プライバシーポリシー

〒400-0214
山梨県南アルプス市百々1681-104
TEL.055-285-1224
携帯.090-7190-4827
FAX.055-287-6334
→アクセス
e-mail. kunugi@kunugi-kanko.comメール

当農園のパンフレットはこちらからパンフレット